きゃにめ

プロジェクト東京ドールズ

CD

DOLLS 1st シングルDoll's Destiny
DOLLS
(CV:本渡 楓、Lynn、石原夏織、久保ユリカ、鈴木絵理、佐倉綾音、竹達彩奈、内田真礼、遠藤ゆりか)
2018/08/29発売
1,800円+税(PCCG.01715)
きゃにめ特典「永遠メモリー <ヤマダ(CV:遠藤ゆりか)Ver.>」CD
収録曲
  1. M1.Doll’s Destiny [作詞・作曲:三毛猫ホームレス/編曲:三毛猫ホームレス、板倉 孝徳(Hifumi,inc.)]
  2. M2.勝利への標 [作詞:オノダヒロユキ/作曲・編曲:伊藤"三代"タカシ(Hifumi,inc.)]
  3. M3.永遠メモリー [作詞:NOBE/作曲・編曲:三好啓太]
  4. M4.Doll’s Destiny (Instrumental)
  5. M5.勝利への標 (Instrumental)
  6. M6.永遠メモリー (Instrumental)
封入特典
  • アプリゲーム「プロジェクト東京ドールズ」
    限定衣装(KEY☆DOLLSリミテッドカラー)
カートに入れる
【STORY】
首都、東京ー
変わらない風景、穏やかな日常 その裏で人知れず戦いを続ける少女たちがいた
「DOLLS」
今をときめく人気アイドルグループとは仮の姿
その正体は国家所属の戦闘組織だった
数年前から東京に潜み、影で人々を喰らってきた異形の存在「ピグマリオン」
その浸食域は都内広域にまでおよぶも記憶と感情を喰われている人間は、その事実を知る由もなかった。
ピグマリオンに唯一対抗できるのは、選ばれた9人の適合者のみ
命と超常の力の代償として感情と記憶を捧げる事で彼女たちは人形(ドール)として生まれ変わる。
己の死を超え、過酷な戦いを強いられた彼女たちの運命は
その胸に輝く謎のオーパーツ、「ギア」だけが知っている…
visual
サクラ(CV:本渡 楓)
サクラ(CV:本渡 楓)

メンバーに加わったばかりの、努力家の少女。
いつでも前向きで元気だが、少し引っ込み思案なところもあり、思った事を口に出せない時がある。人のよいところを見つけ素直に尊敬できるが、それを自分と比べてしまいまだまだ努力が足りないと落ち込む事もある。加入前からDOLLSのファンであったため、自分がそこに加わった事に戸惑っている。しかし、持ち前のがんばりと情熱でメンバーにもファンにも受け入れられつつある。

ミサキ(CV:Lynn)
ミサキ(CV:Lynn)

年齢不相応に落ち着いた、クールな印象の少女。
効率や規律を重んじ、感情に振り回されるような行動はしない。丁寧な言葉づかい、ストイックな性格と、隙のないスタイルを貫いている。しかし、その意識の高さゆえに融通が聞かない側面もある。身体能力も高く、ダンスや歌を高い精度ですぐに再現できる天賦の素質がある。完璧主義でさらなるパフォーマンスの向上を求め、自分にも他人にも厳しい訓練を課す。

シオリ(CV:石原 夏織)
シオリ(CV:石原 夏織)

立ち振る舞いの優雅な、おっとりとした性格の少女。
聞く側に回るタイプで、誰のどんな話にも関心をもって接し、場の雰囲気をやわらかくしてくれる。メンバーからも親しみやすいお姉さん的存在として心のよりどころになっている。初期からいるメンバーとして周囲に常に気を配っている。センス、スタイルなど素養に恵まれているが、自分が前に出ることよりDOLLSとして活動することに意味を感じている。

レイナ(CV:久保 ユリカ)
レイナ(CV:久保 ユリカ)

DOLLS全体のリーダーでもある、情熱的で快活な少女。
「美しいもの」を愛し自らも美しくあろうとする独特の思想を持っている。自信に満ちた立ち振る舞いからはカリスマ性があふれている。歌やダンスの造詣も深くアイドル活動そのものを愛している。熱意と美意識からレッスンやパフォーマンスに完璧を求める気持ちが強い。面倒見のよさが逆に働き、過剰な特訓をメンバーに課す事もあるが本人は普通の努力だと思っている。

ヒヨ(CV:鈴木 絵理)
ヒヨ(CV:鈴木 絵理)

人なつっこく走り回る、元気で素直な少女。
好奇心旺盛で関心をもった事は何でも試そうとする。それが災いしていたずら心を抑える事ができずトラブルを起こしてしまう事も。性格もせわしなく周囲の楽しそうな人やものに気をとられると目が離せなくなってしまう。ダンスが得意で、ありあまるスタミナを活かしいつまでも踊っていられる。ダンス以外の運動も好きで、休憩時間にもなにかしら体を動かしている。

ナナミ(CV:佐倉 綾音)
ナナミ(CV:佐倉 綾音)

いつも一歩引いている、物静かな少女。
DOLLS最年少ではあるが頭の回転は速い方。深読みしすぎで素直になれず、憎まれ口のような言葉が口をついて出てしまい後悔する事も多い。天邪鬼であることは自覚しているが、それを直す事は諦めてしまっている。成り行きでアイドルになってしまったので、自分の魅力がどこにあるかつかめていない。思考を重ね、メガネキャラという利点を根拠にするという結論に至った様子。

アヤ(CV:竹達 彩奈)
アヤ(CV:竹達 彩奈)

流行やファッションに敏感な、今時の少女。
負けず嫌いで、様々な特技をもつメンバーに対しライバル意識がある。責任感が強く向上心もあるが、少々調子が良く楽観的。そのせいで詰めの甘いところがあり、メンバーによく突っ込まれている。アイドル活動を楽しんでいて、ライブパフォーマンスが得意。観客を沸かせ楽しませる事をモットーとしており、そのための努力は惜しまない。

ユキ(CV:内田 真礼)
ユキ(CV:内田 真礼)

無口で表情も薄いため、考えの読めない不思議な少女。
主張が薄く相手に言われるがまま自分の考えをはさまず事を行おうとする。自発的に会話に参加する事は少なく自由気ままに行動するが、用がなければメンバーのいる場所に寄ってくる傾向にある。「天使の歌声」とも評される歌唱力に熱狂的なファンがついている。表情は硬いが、逆にそれが神秘的だと解釈されており、独特な魅力と存在感で支持を得ている。

ヤマダ(CV:山村 響)
ヤマダ(CV:山村 響)

いつも眠そうな顔をした、気だるげな少女。
肉体労働を嫌っており、様々な手段を使ってサボろうとする。プライベートは部屋に引きこもりゲーム三昧。考え方も性格も偏っているが、人当たりは悪くなくメンバーの会話にはノってくる方。ダンスや歌を「疲れる」と一蹴するやる気のないスタイルがニッチな需要を呼び起こし、あえてがんばらないアイドル「ダラドル」として好評を博している。

  • 遠藤ゆりかさんから山村 響さんにCV担当が交代しておりますが、DOLLS 1st シングル「Doll's Destiny」に収録されている楽曲の歌唱はヤマダ(CV:遠藤ゆりか)となります。